2019年02月12日

年長組「フレーベルの恩物あそび」の様子

「恩物」はドイツの教育学者で幼稚園の創設者でもあるフリードリッヒ・フレーベルが考案した教育教具で第1から第20まで20種類あり、一般的には第10恩物までを「恩物」と呼んでいます。
IMG_6436.JPG
その中でも年長児に特に適していると言われている第5恩物を年長組の子ども達と楽しみました。
IMG_5830.JPG
第5恩物は21個の小立方体と6個の大三角柱と12個の小三角柱で構築されている立方体の構築積み木で「建築積木」とも呼ばれている教具です。
IMG_5827.JPG
1月下旬より子ども達を1回に9~11名ずつ、時にはクラス混合で12回に渡り約一時間園長が指導しました。恩物は箱からの出し方や片付け方などを細かく手順が定められており、それに従い遊びを進めて行きます。
IMG_5828.JPG
39片の積み木で構築されている立方体の最上段は小三角柱と大三角柱を組み合わせ積み上げられ、不安定な構造になっていますので慎重に積み上げないと崩れやすく、手先の器用さとバランス感覚が必要です。
IMG_5901.JPG
積み木を組み立てては壊し、又再び組み立てる事を繰り返しながら適度な緊張感と開放感が子どもの発想を豊かにし、時には息を呑み慎重に、時には大胆に構築しながら創造性や指先の巧緻性などを育てます。
IMG_5835.JPG
子ども達は大人には創造すらつかない発想を思いついたり、関心するほど面白い物を次々に創造し毎回驚きの連続でした。又、慎重な子、慌てんぼの子、思い切りの良い子、緊張しやすい子など一人ひとりの性格も垣間見る事が出来、時には担任教師も子ども達の様子を観察しながら楽しく進めました。
IMG_5833.JPG
園児の中には今回の体験をきっかけに構築や造形に目覚め、将来設計士など建築関係の職業に憧れる子が出るかもしれません。そんな事を思い描きながら子ども達と共に楽しみながら行いました。

子ども達は学校の授業よりも15分も長い一時間以上「恩物」に集中し満喫する事が出来たので「君たちは立派な小学生になれるはずです」とどの子にも太鼓判を押しました。
page top