あおむしNEWS

aomushi

歯科検診の様子

今年も園児の健康状態を確認する為「健康診断」を実施しています。先週は尿検査とギョウチュウ検査を行いましたが、今日は歯科医の長先生が来園して下さり全園児「歯科検診」を行いました。歯科医の長優子先生は女医さんで、幸区にある下平間歯科クリニックの院長先生です。少し緊張気味だった子も先生の笑顔と優しい声に安心した様子で、大きな口を開けて診察を受ける事が出来ました。
13052211.IMG_2401.JPG
歯科検診では虫歯の有無を中心に噛み合わせなどを診て頂きました。今回は使い捨ての歯科用ミラー(医療器具)を使用して実施して下さいました。長先生から「さぎぬま幼稚園の子ども達は全体的に虫歯の子が非常に少ないです」とお褒めの言葉を頂きました。「これは保護者の皆さんが日頃からしっかり子どもに関わり歯磨きが行き届いている証ですね」ともおっしゃっていました。
13052211.IMG_2426.JPG
歯科検診をきっかけに、年中組の子ども達もいよいよお弁当の後の歯磨きが始まります。今回虫歯が見つかってしまった方は出来るだけ早急に治療をして治して下さい。そして、歯に詰まりやすい食べ物や甘いものばかり食べないなど、食生活も見直しましょう。

どうぞ各ご家庭でも、子ども達に歯磨きをする習慣を付けさせ、保護者の皆さんは必ず仕上げ磨きをして良く磨けているかどうか確認して下さい。(磨き残しているところから虫歯になるそうです) 又、最近は寝る前に手軽に塗れるフッソ剤や、フッソ剤入りの歯磨き粉なども市販されているそうです。歯が丈夫で良く噛む事は健康維持の為にとても重要な事。大人が積極的にお手本を示す事も効果的かもしれません。ぜひ実践してみて下さい。