あおむしNEWS

aomushi

内科検診・歯科検診の様子

今年も、内科、歯科それぞれの園医さんに来園して頂き、園児達の健康診断を実施致しました。職員室の机を寄せて臨時の診察室を作り、クラス毎に診察を受けました。
2012内科検診1.JPG
内科の先生は都筑区中川にあります上林クリニックの理事長先生です。心臓外科が専門で、横浜総合病院の院長もなさっていた方です。先生が子どもの診察で日頃から心がけていることは、恐怖心を少しでも和らげるような優しい言葉かけだそうです。そのお陰で皆あまり緊張せずに診察を受ける事が出来ました。
2012内科検診2.JPG
聴診器で心音の確認が終り後ろを向いて背骨の状態を確認すると診察は終了です。上林先生はどの子にも「おりこうさんでした」と一声掛け、頭をなでて下さいました。年長組の子ども達はそれに答えるように「ありがとうございました」ときちんと挨拶が出来ました。
2012歯科検診.JPG
一方、歯科医の長優子先生は女医さんで、幸区にある下平間歯科クリニックの院長先生です。少し緊張気味だった子も先生の笑顔と優しい声に安心した様子で、大きな口を開けて診察を受ける事が出来ました。歯科検診では虫歯の有無を中心に噛み合わせなどを診て頂きました。「全体的に虫歯の子が少ないです」とお褒めの言葉を頂きましたが、今後は年中組もお弁当後の歯磨きを始める予定です。

今回虫歯が見つかってしまった方は出来るだけ早急に治療をして治して下さい。そして、虫歯が出来ないように日頃からしっかりと歯磨きし、歯に詰まりやすい食べ物や甘いものばかりの食生活は見直しましょう。又、良く噛む事は大人にとっても痴呆を防いだりと健康維持の為に重要な事だそうです。ご家庭でも気を付けて下さい。