あおむしNEWS

aomushi

年中組プールの様子

地元のスイミングクラブと提携して行っている「水あそび」は25年前から続いている恒例の行事です。雨で室内遊びが多くなる梅雨のこの時期に合わせ年中組が計4回通います。日頃の保育の延長として先生やクラスの仲間と共に無理なく展開し「水に対する恐怖心」を取り除き「水の中は気持ちいいなぁ」を目指し進めています。
10061010.IMG_3740.JPG
プールまではスイミング専用のマイクロバスで一クラスずつピストンで送迎して頂き、スイミングの専属コーチ2名と担任教師と補助の教師の計4名で関わります。水泳指導というよりも「水あそび」をメインとした楽しいプログラムで進めています。
プール 乾燥室.jpg
プールの水温は30度に保たれていて、シャワー室や乾燥室まで完備されていますので安心です。乾燥室では「パン工場の匂いがする」と言ってジャムおじさんやバタコさんを探したり、コーチに幼稚園で歌っている歌を紹介したりしていました。とにかく毎週プールの日は楽しみな年中組。これを機にスイミングを習い始める子も多いようです。

提携しているサギヌマスイミングクラブでは、保育後幼稚園からプールまでの送迎サービスを行っております。詳しくは直接サギヌマスイミングクラブへお問い合わせ下さい。