あおむしNEWS

aomushi

年中組「絵の具あそび」

年中組の子ども達がTシャツにパンツ姿になり園庭で「絵の具あそび」を楽しみました。今日の気温は25度を超え、絵の具あそびにはもってこいの気候になりました。園庭の中央には大きな白い布が広げてあり、足の裏に絵の具をたっぷりとつけ「ペタペタ」とその布の上を歩くと、かわいらしい色とりどりの足跡がついていきます。4方向からそれぞれ違う色が広がり、園庭の上から見ると綺麗なグラデーションが出来上がっていきました。
絵具あそび1.jpg
ばら組とたんぽぽ組のガラス面は大きなキャンバスに早変わりしていました。子ども達は何色も絵の具を混ぜ合わせお気に入りの色を作ると、筆を片手にガラスキャンバスに向かって思い思いに好きな絵を描いていきます。しばらくしてガラス面が絵でいっぱいにうまると、係のお母様がホースで洗い流し何度でも書き直しが出来るのでとても便利です。
絵具あそび2.jpg
この他に感触遊びや混ぜ色を楽しむ「フィンガーペインティング」を楽しんだり、石段の壁面には何枚もつなぎ合わせた長い紙が一面に貼られていて、ここにも筆で自由に絵が描けます。男の子は線路や電車を描いていました。又、トレーに紙を敷き、その中に絵の具に浸したビー玉をいれ転がして模様をつける「ビー玉転がし」など様々なコーナーが用意され、子ども達は絵の具の世界を満喫していました。
絵具あそ3.jpg
そして、女の子は手や足の爪にマニュキワの様に絵の具を塗ったり、お互いの体に絵の具を塗りあったりしながら教師も全身絵の具だらけになり、スキンシップをはかりながら楽しみました。絵の具という媒体を通じてダイナミックに遊ぶ開放感とお互いに気持を通わせる事で子ども同士、そして教師との絆もグッと強くなった様に思います。