2018年06月21日

年中組「プール」の様子

サギヌマスイミングクラブでの「水あそび」は当園の理事長とスイミングクラブオーナーの小倉さんが竹馬の友と言うご縁で約30年数年前にスタートしました。
IMG_0011.JPG
毎年6月に行っているのは、梅雨の時期なので雨で外遊び出来ない日が多い為、年中組が4回、既に先々週に終わりましたが年長組が2回行っています。
IMG_9958.JPG
プールまではサギヌマスイミングクラブのマイクロバスが園まで迎えに来て一クラスずつピストン輸送して下さいます。バスの運転手もコーチの方が担当していて安全運転で輸送して下さっています。
IMG_9966.JPG
水着に着替え終わると二階にある広いフロアーで準備体操をし体をほぐしてから入水します。準備体操もプールのコーチならではの楽しいプログラムの一つです。
IMG_9960.JPG
指導はスイミングの専属コーチ2名が行い、担任教師と学年担当教師や実習生を含め大人が4名から5名で関わりますから安心です。年中組は水泳指導というよりも「水に親しむ」事をメインとした楽しいプログラムで進めています。
IMG_9983.JPG
日頃の保育の延長として担任やクラスの仲間と共にプールに出かけて「水に対する恐怖心」を無理なく取り除ける様に進めています。最後には「水の中は気持ちいいなぁ」と思える事が目標です。
IMG_9990.JPG
子ども達はヘルパーと呼ばれる浮具を背中につけ、コーチや先生に抱っこしてしてもらいながらプールの中を散歩する事から始め、徐々に水に慣れるよう進めていますので、最初は緊張していた子も次第に表情が和らいできました。
IMG_9965.JPG
そして、少し慣れてきたら年長組同様に船のような大型のビート板に数人で乗ってプールの中央まで航海に出たりと楽しいプログラムが次々に展開されます。
IMG_9996.JPG
今日は3回目だったのでクラスによってはビート板でバタ足の練習をしたり、跳び込みの練習をしているクラスもあり、すっかり水に慣れている姿が見られました。
IMG_9987.JPG
プールの水温は常に30度に保たれていて冷たくありません。シャワー室はもちろん乾燥室(サウナ室)まで完備されていますので安心です。
IMG_9963.JPG
身体を乾かす為のサウナ室は本当のサウナほど熱くはありませんが、入室するとパン工場のような匂いが...。コーチが「もう一度頭や身体をしっかり拭きましょう」と呼びかけ、カウントを数えながら拭いていました。
IMG_0027.JPG
スイミング入口の横断幕で紹介されている伊藤隼汰選手は当園の卒園生です。高校生の時に全国大会2連覇し現在早稲田大学の一年生です。もしかしたら2年後は東京オリンピックの代表に...と期待が膨らみます。
IMG9481.JPG
サギヌマスイミングクラブとは提携しており、既に入会している子は保育後に幼稚園までプールバスが迎えに来て下さるサービスを行って頂いております。
IMG_9529.JPG
今回のプールを機にスイミングに入会をお考えの方は直接サギヌマスイミングクラブへお問い合わせ下さい。
page top