2018年04月17日

年長組お世話係奮闘の様子

新年度が始まり園庭には鯉のぼりが子ども達を優しく出迎えています。この鯉のぼりは登園初日から飾り始め毎日少しずつ数が増え子ども達を楽しませています。
IMG_8362.JPG
新学期が始まり四日間、今年度も年長組が年少組やプレイルームから進級したり、新たに入園して来た年中組を正門まで出迎え、保育室まで送り届ける「お世話係」の仕事を行いました。
IMG_8182.JPG
年長組は何時もより早く登園すると早々に身支度を済ませ、カラー帽子を白に変え正門前に一列に並び、年中組が登園して来るのを今か今かと首を長くして待ちます。そして、不安げに登園して来た年中組に「おはよう、一緒に行こうね」と優しく声を掛けながら、そっと手を差し出します。
IMG_8180.JPG
手を繋ぎ名札を見てクラスを確認すると、上履きに履き替えさせて保育室まで送り届けるのです。一年前に自分達がしてもらった事を思い出しながら優しく関わる表情は、すっかり年長組のお兄さんお姉さんの顔立ちになっている様に見えました。
IMG_8104.JPG
「お世話係」の仕事は、年長組が年長になる為の大事なひとつの行事でもあるのです。出迎える前は緊張気味だった年長組の子ども達も二人、三人と送り届けるうちに、人の為になる喜びを感じている様子でした。
IMG_8173.JPG
中には脱いだ外靴を下駄箱まで運び、上履きを丁寧に履かせてあげている年長組さんの姿もありました。きっと去年自分が同じようにしてもらったのでしょう。
IMG_8118.JPG
お部屋まで送り届けるとクラス担任や補助の先生から「ありがとう」とお礼の言葉を掛けられます。人の為になったと言う喜びから年長組になったと言う喜びと自覚が芽生えます。

5日間に渡りお世話係に奮闘してくれた年長組の様子はDVDにまとめ現在貸出し中です。年少組と年中組の登園初日の様子も少し収めていますのでどうぞご覧下さい。詳しくは事務所窓口受付にてお尋ね下さい。
page top