2018年03月01日

雛祭りの様子

明後日の3月3日(土)は桃の節句「雛祭り」です。園内には「♪明かりを点けましょぼんぼりに...、お花をあげましょ桃の花♪」と「うれしい雛祭り」の歌があちこちから響いてきます。
IMG_7467.JPG
雛飾りは人形遊びが流行した室町時代から始まった風習で、厄を人形に移し子どもの無病息災の祈り飾られました。地方によっては川に流す風習もあるそうです。
IMG_9589.JPG
正面玄関のところには40年以上前から理事長宅に飾られていた本物のお雛様の5段飾りが置かれていて毎日子ども達の目を楽しませてくれています。
IMG_7495.JPG
子ども達は各クラス毎に見学に訪れてお内裏様をはじめ、三人官女、五人囃子、左大臣、右大臣など、本物の雛人形を目の前に先生が詳しく紹介していました。
IMG_9585.JPG
西館の階段上には数年前に近隣の老夫婦から譲って戴いたお雛様が、又、体育室の階段口には20年以上前に空き缶と和紙を使って当時の先生が手作りしたお内裏とお雛様が飾られています。こちらは以前正面玄関に飾られていたもので、老朽化したので二体だけ残し手直しをして飾ってあります。
IMG_7470.JPG
各クラスでは、雛祭りの制作をしたり、無病息災を祈りながら雛あられと白酒の代わりとなるカルピスを飲んでクラス毎に雛祭りを祝いました。
IMG_7475.JPG
雛あられの四色(緑・黄・桃・白)は春夏秋冬を表す色です。一年中健康でいられる様にとの願いが込められているので「全部の色を食べましょう」と、子ども達はカルピスと一緒に沢山お代わりをしていました。



page top